笑えない美容師の年収問題

ぼたん

下積み時代はまともに生活できない

一人前になっているならまだしも、困窮した生活となっている美容師は基本下積みをしている若手に集中している。勤めている店舗などにもよるが、いくら有名店に勤務することになったとしても月々にもらえる収入はアシスタントだと、精々10万円前後が良いところだと言われている。これは大型店などを対象とした数字だ、個人経営の店ともなると下積みの新人に出せる給与は雀の涙ほどのものでしか無いという認識で十分だ。これは東京都内など都市部にて店舗経営している店に共通していることだが、地方で美容師として活動していくとなった場合には中には通常の社会人初任給並みの収入が得られるところもあるという。

ピンからキリという言い方になってしまうと少し乱暴になってしまうのでまとめると、アシスタント時代では有名店への就職が決まっても学生アルバイトの1ヶ月分程度の給与しか貰えない現実が待っているということだ。

一人前になったら

アシスタントを卒業し、スタイリストとして顧客を持てるような身分になった場合にはもちろん給与はそれに見合った分だけ成長を見込めるが、それでも劇的な変化を期待できるというほど伸びしろがあるわけではない。では大体平均するとどのくらいの年収が見込めるのかというと、

  • 平均年収:273万円
  • 平均月収:22万円

この位となっている。これは正社員として雇用されていてもこの値段ということだ。

ただ美容師の収入はこれが基本となり、ここから指名されて業務をこなすインセンティブが加算されていく。それによってやがては店を代表する人気美容師、平たく言うとトップスタイリストという肩書がついてくる。また雑誌や世間的に人気を評されるくらいに成長した場合には、それに見合う分だけの給与を受け取れる。それこそ雇用されている身で、年収が1,000万円に届くといった例もあるが、通常はどんなに頑張っても800万円前後が最大だとも言われている。前者はよほど技術としても、顧客からの人気にしても、そして店の売上に大きな貢献をした場合といったような事がなされたと判断された場合のみと言える。

言ってしまえば、人気のある職業だからといってその人気に見合った収入を獲得できるかは、やはり実力次第といったところだ。

美容師を現在進行形で目指している人は多いだろう。職業として憧れを抱いて業界の門を叩く人もいるかと思うが、現実をどれだけ知っている人がいるかだ。憧れという言葉で括られたこの業界は一見華やかな印象を持っているように見えるが、真実ほど知りたくないものはない。ここではそんな美容師という業界について考察していくサイトとなっている。

美容師を諦める一つの要因

美容師という仕事が人気が高く、またやりがいを持とうと思ったらその分だけやれることは沢山ある。独立することも視野に入れるか、また雇用されて人気美容師として世間一般から高く評価されたい、更に日本だけではなく世界的にも活躍できるようになりたいと、夢高く掲げている人は多いだろう。もちろん持つ分には構わない、叶えられるかどうかは後はその人の努力と運という側面も関係してくるため、一概には言えないがやはり最終的には自分の理想とする美容師には最低限なりたいものだ。

ただそうした美容師になりたいとしても日常のハードワークに耐えられない、どんなに努力をしても人気が得られないなどといった問題は、どうしても出てくる。壁にぶち当たって乗り越えようとやっきになるのもいいが、それが元で体を壊してしまったという事例は現代社会にはよくある話だ。無理はしないのが基本だが、この美容師業界ではそうも行かない部分もある。そしてそれは美容師業界で長く就業していこうという人たちの意識を削ぎ、夢を諦める一因を生み出してしまっている問題にも繋がる。

難しい話ではない、単純にお金の問題だ。現在の日本では労働をした分だけ獲得できる収入が少なくて生活できないと、そう答えている人は山ほどいる。特に酷いと言われているのが介護の仕事をしている人は収入はもちろんだが、それが原因で人手不足という問題も引き起こしている。そこら辺に転がっている石ころのようにありふれたものだが、美容師業界ではそうしたマイナスなイメージの浸透率は極めて低いと思える。だからこそ、知らないで業界に入った新人たちは知らなかった現実を目の当たりにして夢半ばで諦めてしまう人も多いと言える。