サロンで働いていた時の顧客を持っていく

独り立ちする美容師の存在というのは、一側面からすれば応援してあげたい気持ちもあるだろうが、サロンとしてはあまり快くは思われないだろうと思える。というのも人気のある美容師が独立するとしたら、その美容師を懇意にしていた顧客が、全てとは行かないかもしれないが大半が独立後の店舗へと流れてしまう恐れがあるからだ。サロンとすればその分だけ顧客が減ってしまい、利益も減ってしまう。由々しき事態だ、表に出る話ではないかもしれないが人気のある美容師を多数抱えているサロンもそうした独立を防ぐために何かしらの対策をしているのではないかと、そう考えられる。

確証がある話ではないため断言はできないが、実際に自らが経営者となってそうした人気美容師が誕生した場合、独立をすると言われたらどうするかを考えると分かりやすいだろう。まず成功と旅立ちを喜んで、背中を後押しするという選択肢を真っ先に取る人はいないはずだ。呼び止めて、考えなおしてもらおうとある程度の待遇改善などを提示するといったような事を、少なからずしているのではないかと。

中には独立を決意しても、その後は業務的に今後も関係していくといったような提携をするようなこともあるかも知れない。無論出来ることと出来ないことはあるだろうから、無償ではないにしても程度によっては協力体制を取っているだろう。ただでさえ美容師業界であっちに店舗があり、こっちに店舗があって、向こうにもあるといったような縄張り争いが耐えない業界でもあるため住み分けが出来るほど、甘い業界ではない。

昨日の敵は今日の味方、今日の味方は明日の敵と、そんな関係が意図しなくても構築されてしまう。

美容師というよりも、経営者面が強くなる

独立には当然資金の問題や土地の場所という何をするにしても必要な事は当然ある。ただ美容師が独立開業するとなったら、技術者としての側面よりも経営者としての顔が優先的に押し出される。店長となったらそれまで雇用されていたため知る由もなかった店舗経営に関する知識やノウハウも会得していないとまともに運営できない。そうなると、始めに考えるととすれば個人で店を開いて運営していくことからスタートすると良い。

従業員を雇うのも有りかもしれないが、それは必要に応じて対応していくといい。経営が軌道へと歯車が線路上に乗っていないと不安要素がたくさんありすぎる。店舗を拡大していくことを視野に入れるにしても、まずは自分一人で経営していき、1人では回せないほどの忙しさになろうとしているなら従業員を募集していくべきだ。

無論経営者となったら求人で訪れた美容師に対しても、技術的・経験的な側面を見て雇用を考えなければならない。従業員が増えて、店も大きくなっていくと美容師としてではなく、従業員を管理・指導していく立場へと自然となっていくとみなすべきだろう。

顧客との関係性を大事に

経営が成功する秘訣としては、雇用されていた時代でもそうだが一人一人の顧客を大事にすることだ。人間関係を円滑にして、さらに技術的にも評価されれば店を離れても、開業した先の個人店でリピーターになってくれる可能性は極めて高い。独立した後こそ、雇用時代におけるお客さんの存在はとにもかくにも大きい存在だ。

美容室経営で成功している人たちは、そうした日々の積み重ねから構築される人間関係を築いていくことで得たもので美容師としての地位と名声を勝ち取っている。

美容師を現在進行形で目指している人は多いだろう。職業として憧れを抱いて業界の門を叩く人もいるかと思うが、現実をどれだけ知っている人がいるかだ。憧れという言葉で括られたこの業界は一見華やかな印象を持っているように見えるが、真実ほど知りたくないものはない。ここではそんな美容師という業界について考察していくサイトとなっている。

まずは雇用から始めるのが通常

美容師として活動していれば、いつかは自分の店を持ってみたいと思う人がいるだろう。一人前の美容師として大成したいと思ったら、やはり独立開業するのは事前用意されたレールといっても過言ではない。それをするだけの価値があるとも考えられているが、現状の美容師業界を見るといざ独立してもまともに顧客がついてくるとは思えない。そもそも資格を持ったばかりの経験の少ない美容師が独立・開業などと大それたことを実現できたとしても、その後無事に成功できる保障もなく、むしろ失敗するという死亡フラグが立ち上がる。

正直開業するだけ何も成果を成し得なかったらやはりリスクが高過ぎる、だからこそほとんどの美容師はまず規定のサロンである程度勤務し、実力と経験を養ってからが独立の目安となる。